interview社員インタビュー

親和興業は、土木や地球環境、造園などの勉強をされてきた方はもちろん、
安心・快適な街づくりに興味がある方なら、文理問わず大歓迎。
実際にさまざまな個性や経歴の社員が、その能力を活かして活躍しています。

初めての現場は小学校の校庭―子供たちの笑顔が原動力に―

O.Aさん(工事部)

2018年入社
日本大学 生物資源科学部 森林資源科学科

現在の仕事内容

工事部の現場監督見習いとして現場のサポートと図面作成や伝票処理など事務作業も行っています。

今の仕事のやりがい

入社後すぐに、横浜(みなとみらい地区)の小学校の校庭に携わりました。工事をする前は普通のグランドでしたが、そこから舗装工事を行い、陸上トラックを完成させました。無事に工事が終了した際、生徒さんたちに新設備についての説明を行ったのですが、その時に30名ほどの子供たちに「ありがとうございます!」と笑顔で感謝を伝えられた経験が今でも一番のやりがいです。入社8カ月にして既に3つの現場を回っていますが、公共の施設を始め、橋りょう下部・上水道・道路と様々な現場へ関われることが楽しいです。

この会社に決めた理由

社員数が約35名の会社ですが、役員の方々が良い意味で偉そうではなく優しく接してくれました。会社説明会は、社長と専務が出てきてくれたことを今でも覚えています。丁寧に会社のお話をしてくれたことで経営層との距離感の近さに魅力を感じました。女性ということで建設業界での活躍は厳しいのではないか?という不安もありましたが、5月に親和興業の説明会へ。就職活動の際は大学で学んだことを活かし、造園系の仕事をしたいという想いが強く、公園工事の実績もあるところに惹かれました。男女差別は一切なく、むしろ女性を大切に育ててくれる体制のある会社であること、7月に内定承諾に至りました。

当面の目標

今関わっている現場は「横浜環状北西線」です。高速横浜北線・第三京浜道路と東名高速道路を繋ぐ予定の全長7.1キロメートル の自動車専用道路ですが、現在は2020年の開通を目指して工事を進めています。東京オリンピックと同時に開通した際には、両親と一緒に車で道路を走り「ここが私が作った道路だよ」と報告をしたいです。こうした経験を積み、ゆくゆくは一つの現場を任される責任者として活躍すべく、まずは来年に資格取得を目指します!

学生さんへのメッセージ

現場の規模が大きすぎると全て把握しきれない業務も沢山あります。ただ分からないことは、その都度すぐに上司や先輩に聞ける環境にあり、非常に風通しが良いことが当社の魅力です。私も就職活動をスタートしたばかりの時期は大手企業をメインに20社ほどエントリーしましたが、ある時「大企業に拘らず自分が知らない優良企業は他にもまだまだ沢山あるのではないか?」と感じました。そこから自分の意思を仕事に活かすことのできそうな会社選びを始めました。皆さんも是非自身の想いを一番大切にしてくれる会社選びをしてください!

形に残る仕事―世の中の人たちの生活を支えることの喜び―

T.Nさん(工事部)

2018年入社
東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科 卒

現在の仕事内容

工事部の現場監督見習いとして現場のサポートと図面作成や伝票処理など事務作業も行っています。

今の仕事のやりがい

入社1年目ですし、まだまだ慣れないことばかりです。ただこの仕事の面白さは、毎日違う工程を行い、同じ作業は一切ありません。現場に行って教わること、書類整理を手伝うデスクワーク、毎日覚えることが沢山あります。最初は大変だと思う時も多々ありましたが、壁にぶち当たると先輩や上司がすぐにサポートしてくれる環境があります。8ヶ月目にして、学校の舗装工事から水道管、道路と全くジャンルの違う現場を経験しています。新たな知識を吸収し、学べることが日々増えることが今のやりがいです。今まで自分が生活する上で利用してきた物、その物の背景から携わり造り上げていけることが嬉しい。まさに陰から支える仕事ですね。

この会社に決めた理由

就職活動を始めた当初は、大学で地域環境について学んでいたため造園系の仕事に就きたいと漠然とした考えはありました。私は千葉県出身ですが、社会人になったら一人暮らしをして自立したいという想いが強く、企業選択の優先順位は勤務地。神奈川県で働くことをイメージして探していました。なぜ神奈川だったかというと・・・実は横浜DeNAベイスターズの大ファンだからです(笑)様々な業界を4~5社ほど受けて、夏には公務員試験にも挑戦はしました。ただ造園系の仕事は募集人数も少なく苦戦しました。そんな中でもっと中小企業にも目を向けようと思い、9月に親和興業の会社説明会へ。公共の仕事をメインに造園系の案件にも関われると社長からお話を聞いたときに「この会社しかない!」と、とても惹かれました。

当面の目標

早く一人前になったと周りから認めてもらえること。そのためにも経験を増やし、資格取得をして安定感を高めたいです。先輩や上司は基本とても優しいですが、現場では自分は未熟だなと反省したりすることもあります。建設業なので力仕事がないわけでもありませんが、女性だからか周囲が気遣いしてくれることもあります。でも、そんな時こそ私は良い意味で男女関係なく気を遣わず仕事を任せてもらえる存在に早くなりたいと感じます。そして、女性としては目配り・気配り・心配りを欠かさないように意識しています。

学生さんへのメッセージ

造園系に興味をもっていたものの、初めは建設業界を見ずに就職活動をしていました。そんな私が実際にこの仕事をしてみて、親和興業には1年目でも携われる仕事がたくさんあると感じました。それが楽しいです。ルーティーンワークよりも外に出て新しい事を吸収することが好きな人には向いています。文系だからといって遠慮することはありません。親和興業は文理問わず活躍している社員がほとんどです。仕事でストレスが溜まることも勿論ありますが、そんな時は先輩に誘ってもらった草野球で発散しますね。是非、仕事帰りに「バッティングセンター行きましょう!」と誘ってくれる積極的な後輩を求めています!!

土木のスペシャリストへ―全ての人たちのための構造物を―

M.Wさん(工事部)

2017年入社
埼玉大学 工学部 建設工学科 卒

現在の仕事内容

工事部の現場監督見習いとして現場のサポートと図面作成や伝票処理など事務作業も行っています。

今の仕事のやりがい

物の成り立ちを知れることが何よりのやりがいです。今は横浜の道路の施工に関わっていますが、その前は東京都の道路の橋脚に関わりました。道路ではなくそれを支える大切な部分になります。皆さんが実際に走る橋というのは、かなり深い所まで掘り込んだ脚によって安定して繋がっているのです。この現場は私にとって、まさに地図に残る仕事でした。道路自体が完成したら必ず車を走らせにいくと決めています。また最後に現場が完成し、引き渡しを行う際は施行中に撮り溜めた数万枚の写真を整理し、そこから選択を行った上で役所の検査を受けます。親和興業の強みは公共工事の担い手であること。施工後の品質管理をしっかりと関係各所から認めていただけた時の安堵感は何にも変えがたいこの会社ならではの貴重な瞬間です。

この会社に決めた理由

私は高校生の頃から建築に興味がありました。そのため大学は自ずと建築の資格が取れる所へ進もうと埼玉大学へ進学。大学では建築だけでなく土木について学べたことが私の志望業界を大きく変化させました。建築は限られた人たちのために造る仕事が多いですが、土木は違う。全ての人に関わる構造物に関わることができる。この魅力に惹かれ、就職活動は沢山のゼネコンやサブコンの説明会へ足を運びました。ただ大手に行ってしまうと必ずしも自分のやりたい仕事に就ける保証がないこと。そして現場も数多く掛け持ちになりかねない。そんなデメリットを学び始めた時に必ずしも大手に固執する必要はないと、心がフッと楽になったんです。素直に自分が追求したい仕事にすんなりと溶け込める雰囲気の会社で働きたいと考えるようになり、そこから地域貢献も意識しながら転勤のない中小企業選びを始め、親和興業へエントリー。35名ほどの企業でも私が注目したのは施工実績でした。親和興業は社長自ら受注案件や繁忙期についての細かい説明など包み隠さずしてくれました。そんな正直な会社のスタイルが私に馴染み、内定をいただき承諾に至りました。

当面の目標

1日でも早く主任クラスへ、どんなに小さな現場でも私が責任者として任されること。これを一番の目標に、今は必死に日々頑張っています。いつかは大きな現場を任される親和興業にとっても唯一無二の存在になれることが理想ですね。建設の仕事は主に身体を使う仕事が多いです。ずっと外にいると辛い時もしばしばありますが、頑張った分だけ認めてもらえますし、自分の上司や先輩もしっかりと背中を見せて教えてくれる環境にあります。時には怒られることもありますが、褒めてもらえることもあります。まだ2年目ですが、会社全体に育ててもらっているという実感があるので、資格取得をし、一つ一つの現場でしっかりと経験を認めてもらえた上で昇格できればと考えています。

学生さんへのメッセージ

学生時代に何をしてきたのかも重要ですが、仕事において一番重要なことは「真面目さ」だと思っています。どんなことでも構いません。結果どうこうよりも一つのことに真面目に取り組んだことがあるかどうか。学生より社会人になると毎日手を抜こうと思えば、いくらでも抜けます。ただどんなに厳しい瞬間でも歯を食いしばって真面目に仕事に取り組める人と是非一緒に働きたいです。どんな時でも一つの現場を任されている一人として責任をもって働く意思さえあれば、必ず周囲からも認められて活躍できると私は信じています。真夏は暑くて真っ黒になりますし、冬の寒波もしんどい時もあります。ただそんなストレスも現場が完成した瞬間に立ち会えたとき全てが報われますよ!ちなみに一現場が終わると、リフレッシュの休暇が与えられます。次の現場が始まるまでに、そして、また新たな構造物が出来上がる日を励みに、親和興業で共に頑張ってくれる後輩を待っています!!

横浜の地に密着した企業に入りたい

M.Tさん(業務部)

2018年入社
神奈川大学 法学部 法律学科 卒

今の仕事のやりがい

官公庁が発注する公共工事案件の選定、入札・契約事務や、官公庁の担当者への訪問等の営業活動などを担っています。入札では、1件1件が大きな案件ですので、一連の手続きを終えて着工すると一安心。無事工事に繋げることができたことにやりがいを感じます。また、自分が作成した書類で滞りなく手続きが終えられた時は現場監督をサポートできたと嬉しく思う瞬間です。

まだまだ未熟ではあるものの、2年目となり、少しずつ一人でこなせる仕事も増えてきました。上司に仕事を任せてもらえると「成長できているのだ」と自信に繋がりますね。

私は直接工事に携わるわけではありませんが、月に一度の現場パトロールにおいて、この目で現場を見ると、自分も地図に残る仕事をしているのだと気が引き締まります。

この会社に決めた理由

大学が横浜にあったということから横浜の地に密着した企業に入りたいという思いがあり、横浜に根差す企業を志望していました。様々な業界の選考を受けましたがしっくり来ず、悩んでいた時に親和興業を見つけ「地域社会に密着」という言葉に惹かれ会社説明会へ。出身が法学部で建設業については全く知識がなかった私ですが、完成した構造物が人々の生活を支えていること、作り上げたものが後世に残る公共工事に魅力を感じました。また親和興業は横浜市発注工事を多く請け負っており、まさに横浜の人々を支える会社。中小企業だからこそのアットホームな雰囲気も自分に合っていると思い、ここしかないと縁を感じ入社に至りました。

当面の目標

2年目となりましたが、今日まで日々学ぶことばかりです。上司との同行では仕草や会話から吸収することが沢山あります。その中で多くの知識と経験を身に着け、一日でも早く縁の下の力持ちとして信頼される社員になることが今の目標です。10月には建設業経理事務士の試験を受けます。必ず合格し、自分の仕事の幅を広げてまた一つ成長できればと思っています。

営業は官公庁との窓口ともいえる仕事です。会社の顔だという自覚を持って振る舞うよう常に心がけています。

学生さんへのメッセージ

就職活動で悩んでいる方がいるなら、まずはとにかく色々な企業を訪問して下さい。その中で多くの選択肢に迷う時もあると思いますが、就職は人生の大きな分岐点だからこそ自分が何をしたいのかじっくり考えてください。焦らず大いに悩んで欲しいと思います。

また、学生時代何を学んだかも大切ですが、社会に出ると毎日が勉強の連続です。親和興業は手厚く指導して下さる優しい先輩方ばかりです。真面目で向上心を持った方ならきっと合う会社だと思います。もし興味を持って下さったなら、是非会社説明会にいらしてください。皆さんと働ける日を心待ちにしています。

現場責任者としての仕事が
この先の自分を変える

I.Aさん(工事部)

2016年入社
東京農業大学 農学部 農学科 卒

現在の仕事内容

工事部の現場責任者として工事を取り纏め、現場を管理しています。

今の仕事のやりがい

入社1年目で河川工事に関わました。何もない畑に自分が深く携わり、作ってきた物が目に見えてくる瞬間にこの仕事の楽しさを知りました。2年目に資格(2級土木施工管理技士)を取得。2年間で多くの現場を回り、3年目の春から現場責任者として道路の補修工事を任されることに。自分に判断を委ねられる度に戸惑いもありましたが、その都度、上司のサポートを仰ぐことを心がけました。安全に現場を取り仕切り、納期を守ることを意識・行動する日々。駅前の道路が凹んでいたり、ヒビを整備し、少しずつ車が通りやすくなる景色を見たときに地域の方の生活を支えているという大きな達成感を得たのです。今は責任者を任されてから見える世界が全く変わることにも気づきました。時に現場が上手く回らないこともありますが、自分の判断が遅れると納期に影響するため、すぐに対策を考え改善に取り組みます。今は1回の現場から数多くの経験と知識を積んでいる時期。現場責任者として3つの道路補修工事を担当しましたが、上司から成長していると認めてもらえた時が一番の働き甲斐と言えます。

この会社に決めた理由

大学時代に、地元の子供たちと100キロ歩くというボランティアに参加しました。この頃から若いうちに使える自由な時間を無駄にしたくない、誰かのために使いたいという想いが強くなり、次にマレーシアまでボランティアで2週間滞在しました。児童養護施設づくりに協力し、NPO法人で働いている方、マレーシア人たちと田んぼや教会までの道、グランド整備などを行った経験が大学で専攻する農業に強い拘りがなかった自分を土木に目覚めさせた分岐点であると思います。就職活動が始まり、様々な業界を受けましたがどれもしっくり来ず・・・やはり建設業界へ、土木関係の仕事に就きたいという気持ちがに日に日に強くなり、企業選定の軸は大企業より地域に根付いた中小企業をメインに検索をかけ、親和興業の説明会に参加した時に社員の方々の人柄で入社を決意しました。

当面の目標

一人で現場をしっかりと回せるようになり、社内だけでなく職人の方々からの信頼も得て、業績を支えることができる責任者になりたいです。来年に1級土木施工管理技士の試験を受け、合格することが直近の目標。そして更に大きな現場を任されるように成長したいですね。学生ボランティアでマレーシアを選んだ経緯は、衛生面で飲み水が整備されていなかったから。そこを自分の力で変えたかった。過去の想いを胸に、ゆくゆくは排管の老朽化を改善する現場を担当したいと考えています。また、もともと子供が大好きです。公園など公共設備を担当して地域の子供たちの喜ぶ姿も見たいですね。

学生さんへのメッセージ

どの企業にいっても働くということは大変。どんな逆境でも挫けずに明るい後輩に入ってきてほしいです。入社後、現場で私と関わることは先だと思いますが、もし悩んだり壁にぶち当たったときは、出来る限りのアドバイスをします。そのために今、頼れられる存在になれるよう経験を積んできています。若手の飲み会も定期的にあります。会社では私が入社後、九州・沖縄・広島・北海道へ社員旅行へ。ここでは毎年思いっきり楽しみ、会社全体の交流を深める愛社精神が膨らむ良い機会です。当社で一緒に成長し、オンとオフの切り替えを楽しみましょう。休日はボランティア時代や大学の仲間たちとリフレッシュすることが、私のモチベーションにもなっています。

求む!土木作業員

採用に関するお問い合わせ

親和興業株式会社 採用担当

  • 電話045-301-5711
  • FAX045-301-5741

ページ上部へ戻る

HOMEへ戻る